薬剤師の薬剤師による薬剤師のためのアルバイト

薬剤師がアルバイトするなら何をしますか?薬剤師と全く関係ないお仕事ですか?それもいいでしょう。他の世界を見るというのも大事なことですから。

しかし、普通は薬剤師の資格を活かしたアルバイトをすることでしょう。やっぱりバイトとはいえ、薬剤師の時給は良いですからね。それでは実際にアルバイトをする薬剤師はどのような人でしょうか?

バイトをする薬剤師はこんな人たち

例えば、このような人たちが考えられます。

大学院生の薬剤師
土日にダブルワークする現役の薬剤師
扶養範囲内での収入で働く既婚者の方
子育て優先で働くママさん薬剤師の方

アルバイトをする事情は人それぞれですが、バイトを考えている薬剤師のあなたも、どれかに当てはまるのではないでしょうか?それではタイプ別にお勧めのバイトを見ていきましょう。

大学院生薬剤師がしているアルバイト

ドラッグストアで薬剤師という資格を活かしながらバイトするのが、一番見つけやすいです。実際に大学院生薬剤師の方でドラッグストアで働く人は多いのですが、何故か薬剤師としてではなく、一般のアルバイトで働く方もいるようです。

社会経験がなく、ましてや薬剤師として働くことに不安があるので慣れてきたら薬剤師業務をやりたいというのが理由のようです。

あと多いのが、病院の当直のアルバイトです。深夜手当が出ますので、効率よく稼げることから、週に1回当直のバイトをする方もいるようです。

ダブルワーク薬剤師がしているアルバイト

平日は薬剤師として普通に働き、土日になると、病院での当直のバイトや、ドラッグストアなどで働く方が多いようです。

または残業がない職場で、17:30~18:00に上がれるようであれば、遅くまでやっている調剤薬局やドラッグストアで夜まで働く方もいるようです。

基本的に本業の収入がある分、もうひとつはあまり収入にこだわりがなく、家の近くや自分のキャリア形成のために働く方が多いようですね。

扶養範囲内で働きたい方のアルバイト

おさらいですが、配偶者控除が受けられるのは、年間103万円以内です。例えば、ご主人がサラリーマンで、奥様が薬剤師の場合、ご主人の扶養範囲内で年収103万円を超えると、配偶者控除が受けられなくなります。

また、年収130万円を超えると、扶養者から外れます。つまり年金や健康保険などの社会保険は自分で加入しなくてはいけません。

年間103万円というと、月85,000円くらいの収入ですので、週1回か2回フルタイムでアルバイトすると、届く金額になります。ですので、あなたが扶養範囲内で収まるように、意識しながらシフトを組んでいくことになります。

またあなたが意識しなくても扶養範囲内で収まるように、薬剤師でも扶養内パートを募集しているところもありますので、転職サイトチェックしてみてください。

子育て優先ママさん薬剤師のアルバイト

フルタイムで働くことができないけど、一日5時間くらいとか、週に2~3回しか働くことができないけど、フルタイム働けるとか、子育てを優先で、あなたの生活スタイルに合わせて、働くことができます。

そんなママさん薬剤師が一番多いのが、調剤薬局です。厚生労働省の統計によりますと、薬剤師の6割以上は女性であり、薬剤師の半分は調剤薬局で働いていますので、必然的にママさん薬剤師に理解のある調剤薬局が多いです。

実際に薬剤師の求人広告を見てみると、ママさん薬剤師のアルバイトの求人広告は多く、週2~3回という所はもちろん、午前中のみだったり、託児所があったり、子供扶養手当があるところもあります。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師