転職したら薬剤師とう職業が好きになった!!そう感じるために・・・

薬剤師は大変な仕事なのは薬剤師のあなたが1番身にしみて分かっていると思います。人の命に直接関わる仕事だから、薬の種類、量、組み合わせなど さまざまな事に注意してプレッシャーに耐えながら毎日頑張っている事でしょう。

同じ薬剤師でも職場にもよりますが例えば残業が多くて1日の勤務時間が長いから かなりしんどいと感じる職場もあります。

そんな厳しい状況で無理を続けると薬剤師を好きになった時の気持ちも色あせてしまうのではないでしょうか?しかも過労で体も壊したら元も子もありません。

ヒトシ
1度 勤務時間が長くない職場に転職して自分に合った環境でやって行くと言うのも一つの手だと思いませんか?

薬キャリでで残業がなくて休日の多いゆったりな求人を検索してみました。

薬キャリは常時3万件以上の公開求人がありますので、ゆったりの職場を比較的容易に探すことができます。例えば東京都品川区にある調剤薬局の求人です。

勤務地 都内
勤務時間 9時00分から17時00分
残業なし
週休二日制(祝日+1日休み)
年間休日125日
年収450万円から600万円
夏期休暇
年末年始
育児休暇
通勤手当(全額)
借上げ社宅制度
住宅手当

ヒトシ
休日も多く、17時で終わり、常時5人以上の薬剤師で体制を組んでいますので、特別忙しいという訳でもなく、お休みも取りやすい環境です。
1103tyouzai

 

このように薬剤師に優しい職場が整った求人もあるので今の職場に疲れてしまったなら、一度転職を考えてみてはいかがでしょう?

ヒトシ
自分を癒せなければ人を癒せないと私は常に考えています。

人は疲れはてると なかなか人に優しく出来なくなります。そんな状態で患者さんとやり取りしたらどうでしょう?
書かなくても分かりますよね。やはり薬剤師のあなたが元気だからこそ患者さんにも笑顔でお大事にと言えるのだと思います。

ヒトシ
人生に遅すぎたはありません。

何歳になっても可能性は秘めているのです長い目で見て どっしり構える事も必要だとわたしは思います。そこには、ゆるやかな時期があっても良いのです。そして、また忙しい職場が恋しくなったら転職すれば良いのです。

薬剤師は全国的に不足しているので求人はたくさん出ているし、国家資格だから一般の仕事の転職とは違うので転職の回数はあまり気にしなくて良いと思います。

あなたが元気になって癒されたら、あらためて薬剤師が好きになったと思える日が来ると毎日の充実感も取り戻せる事でしょう。

そしてあなたの笑顔でお大事にの言葉に患者さんからも笑顔で「ありがとう」と返って来ると思います。1度羽を休めてもいつかまた飛び立てば良いのです。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師