薬剤師の地位とは!?日本とアメリカの違い、そして・・・

薬剤師の地位と聞いてあなたはどう感じますか?

正直、薬剤師とは目立つ職業ではありません。しかし縁の下の力持ちだとわたしは思います。

薬剤師は世の中に絶対必要な職業です怪我や病気をした時に薬剤師がいなければ 患者さんはどうなるでしょう?

そうです!薬剤師はさまざまな人の命と健康を守っているのです!!

しかし、日本の薬剤師の地位とアメリカの薬剤師の地位とでは違いがあるようです。

日本とアメリカは薬剤師の地位がこれだけ違う!!

まず日本の薬剤師は医師の指示に従い働いています。たとえばジェネリック医薬品にするにも医師の許可が必要だったりするのでかなり決定権が制限されています。

一方アメリカは薬剤師にもかなり決定権が与えられているのです。CDTM(共同薬物治療管理)が主流なので日本の薬剤師よりも直接患者さんに関われるのです。

その理由はアメリカの薬剤師の場合は薬と症状の関係などさまざまな知識を持っていると認められているから決定権も日本の薬剤師より広く持っています。

ですからチーム医療でも薬剤師は重要な存在なのです。なので薬剤師としての地位はアメリカの方が上と言えるでしょう。もちろん、深く治療に関わるからその分責任も重いですが。

ヒトシ
待遇にも大きな差があるのを知ってますか?

実はアメリカの薬剤師の平均年収は1000万円を超えているのです!一方日本の薬剤師の平均年収は厚生労働省平成24年賃金構造基本統計調査によれば なんと 493万円。

この差をあなたはどう感じますか!?国が違うとは言え同じ薬剤師でもここまで差が大きいとなんだかげんなり してしまう人もいる事でしょう。

でも、決してネガティブになる事はないのです!!なぜなら・・・

ヒトシ
スキルを上げて転職すれば道は開けるからです。

日本は薬剤師不足と言われてますが、それだけ求められているのです。ですからあなたのスキルを上げて有利な転職が出来れば活躍の場も広がり年収も上がるでしょう。

そして何より薬剤師としてあなたの地位も上がって行きますからとても素晴らしい事ですね。

薬剤師としてあなたの地位を上げていくための転職エージェント

例えば薬キャリ(エムスリーキャリア)なら求人件数も40,000件以上で高収入の求人も豊富なので、あなたが求める待遇を得るのも決して夢ではないかもしれません。中には年収1000万円可能な求人もありますので。

ヒトシ
気になった人は薬キャリ(エムスリーキャリア)のサイトを覗いてみてください。

ちなみに登録も利用も完全無料で利用する時は担当者が付くから待遇や分からない事など親切に対応してくれます。それに企業とのやり取りも担当者が行ってくれるから安心して任せられるのです。

あなたもスキルアップして年収も上げ薬剤師としての地位を上げてみてはどうでしょう?何事もそうですが向上心は大事です。

ヒトシ
せっかく頑張って薬剤師の資格を手に入れたのですから、どんどん向上していきましょう。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師