薬剤師のスキルを活かしてドラッグストアの店長を目指す!? 

ヒトシ
同じ薬剤師でも働き方はいろいろ

今回は、薬剤師がドラッグストアで店長を目指すのも良いかも!!という訳でいくつか調べてみました。
経済産業省の調べによると2015年3月現在、全国のドラッグストアの店舗数は1万3434店舗と昨年同期比で586店舗増加したという事ですが、これだけの店舗数があるならその分薬剤師のあなたは必要とされているのです!!

ヒトシ
お仕事の内容は?

薬剤師が店長になるまでにドラッグストアでのお仕事の内容は気になると思いますが、薬の説明がある以外レジ打ちや品出しなど他のスタッフと変わりません。しかし最近では調剤併設のドラッグストアが増えてきていますので、調剤や物販も両方経験することができるので、やりがいを感じる薬剤師の方も多いようです。

ヒトシ
勤務時間が長いと聞くけど

これもドラッグストアによって違うと思いますが基本的には一日の勤務時間は長いようです。
勤務時間が長いと聞くと、ほとんどの人が『え~…』とブーイングにちかい声が返って来そうですが冷静に考えてみると、どれだけ恵まれているでしょう?時間をかけて経験と知識を得られるなんてありがたいと思いませんか?

気になるドラッグストアの店長のお給料はどれくらい?

ドラッグストアで店長になると年収800万円くらいと言われていますが、もちろんドラッグストアによりますが、年収1000万円を超える事もあります。調剤薬局の薬局長だと年収約600万円と言われています。くらべてみてどうですか?

ヒトシ
すべては肥やし♪

年収以外にもドラッグストアの店長になれば雑務からお店の経営など、さまざまな事を学べます。これらは必ずあなたの薬剤師の人生に活かせるものがあると思います。

ヒトシ
まとめると

ドラッグストアの店舗数が多く将来性もある

店の経営を学ぶことができる

店長の年収は1000万円超える可能性がある

ヒトシ
おすすめ転職サイトで、いろいろ探してみてはどうでしょう

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師