ピンと感じる!病院の薬剤師求人

薬剤師が最も多く働いているのは調剤薬局ですが、次に多く働いているのが、病院・クリニックです。薬剤師の全体の約15%が病院やクリニックで働いていると言われています。

実際に薬剤師にとっても、病院は人気の働き先なので、求人が出ても調剤薬局やドラッグストアと比べて、埋まってしまうことが多いのですが、どのような病院の求人に応募するのが良いのでしょうか?

病院の薬剤師求人を仕分けしよう

病院で働くことが未経験の薬剤師でもOKであること

まず経験者しか採用しないのであれば、少し考えてみましょう。あなたに病院で働く経験があってもです。経験者しか雇わないのであれば、育てる気がない、若しくは育てる余裕がない病院かもしれません。

正社員の募集であること

その病院でパートや派遣のみの募集ですと、その場しのぎで薬剤師が定着しない病院である可能性があります。ちゃんと正社員を募集している病院であれば薬剤師の定着を目指している病院であると言えるでしょう。

病院がきれいであること

病院名が分かれば実際に見てみるのが一番いいです。清潔感があるかどうかは重要です。ついでに病床数や外来患者さんもどのくらいか見てみましょう。実際に働いたときにどのくらいの仕事量をこなすのかイメージすることができます。

実際にどんな病院の薬剤師求人があるか見てみよう

例えば、都内クリニックの薬剤師の求人広告です。病院経験が未経験でもOKですし、正社員の募集です。駅ビル内にあるクリニックなのでキレイそうですね。

0812_1

こちらは、地方の大都市の病院薬剤師の求人です。未経験OKの正社員募集ですが、チーム医療に力を入れているようなので、外来患者に調剤しまくるだけの病院ではなさそうですね。

0807_2

複数の転職サイトを活用し、非公開求人も含めて、病院の求人を探そう!

もちろん、公開されているだけの情報ではすべてを読み取ることは出来ませんが、ある程度応募しても良いと思える求人に出会えることが出来ました。

これだけではなく複数の転職エージェントから、非公開求人も紹介してもらいながら、病院薬剤師の求人を探していくのが良いでしょう。複数の転職サイトを活用することで、もっと良い病院薬剤師の求人に出会える確率が高くなるからです。

転職で絶対に成功するかコツが存在するかどうか分かりませんが、転職で絶対に失敗しないコツは複数の転職サイトを活用することにあります。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師