初任給は安いけど、薬剤師になったら一度は病院で働こう

薬剤師になると働き先の選択肢として、病院で働くことが挙げられますが、実際にドラッグストアや調剤薬局と比べると、給料は安いです。

ドラッグストアは初任給で25万円~35万円程度、調剤薬局は初任給で22万円~30万円程度が相場ですが、病院の場合、民間ですと初任給で20万円~25万円程度が相場で、公立の場合はもう少し低くなります。

しかも、ドラッグストアや調剤薬局と比べると、病院勤務の方が忙しいです。他と比べて給料が少なくて忙しいのですから、病院で働きたいと思わないかもしれませんが、薬剤師になったら一度は病院で働くことをお勧めします。

理由1 病院薬剤師の役割とやりがいの大きさがアップ

厚生労働省の政策である医療分業が進み、病院と調剤が分かれて街に調剤薬局が増えたのは、あなたもご存知の通りです。そのおかげで、外来患者さんへの調剤業務は減り、入院患者さんへの調剤業務が増えてきました。

つまり、入院患者さんへの服薬指導をしていくわけですから、チーム医療としての薬剤師の役割も大きくなりつつあり、それと同時にやりがいも大きくなってきたのが、病院薬剤師です。

理由2 薬局長、薬剤部長などのポストに就いた時の待遇

あなたが、もし薬局長薬剤部長などのポストに就いた場合、年収のアップが見込まれます。薬剤部長の場合年収700万円~800万円、大きい病院ですと年収900万円以上も狙えます。

初任給でドラッグストアや調剤薬局より給料は低いことが一般的な病院薬剤師ですが、長く働いた場合の、収入やポストはドラッグストアや調剤薬局を上回ることが多いです。

理由3 一度病院薬剤師をやると、その後の転職に有利

一度、病院での薬剤師業務を経験すると、転職に有利となります。その後にまた違う病院に転職するのも有利になりますし、調剤薬局やドラッグストアなどに転職するのも有利に働きます。

採用する側からすると、病院でのキャリアは高く評価される傾向にあります。他では積むことができない経験を評価してくれる訳です。

もし、あなたに薬剤師として病院で働く機会があれば、是非チャレンジしてほしいと思います。複数の転職サイトを利用しつつ探してみてください。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師