薬剤師がドラッグストアで働くならOTCのみ?それとも調剤併設?

薬剤師が働く職種として、調剤薬局の次に多いのがドラッグストアになります。最近ではドラッグストアは様々なところに全国展開していて、当然に薬剤師の需要がありますので、薬剤師の求人募集を見ていても、比較的好条件で募集していいる所が多いです。

しかし薬剤師がドラッグストアで働く場合、OTC(Over The Counter オーバーザカウンターの略、一般用医薬品の販売)のみで働くのか、調剤併設が良いのかという問題があります。

そこでOTCのみのメリットとデメリットを整理してみましょう。

OTCのメリットとデメリット

メリット
新薬、ジェネリック薬品などの知識は不要
人が集まりにくく、好条件の求人が見られる

デメリット
調剤についてのスキルアップは望めない
一般店員と仕事は同じなので、モチベーションの維持

ミキコ
OTCのメリットどデメリットと言っても、大してある訳ではありませんが、こんな形でしょうか。

基本的にはOTCは難しい調剤の知識は必要とせず、気楽に働けるというのはあると思います。しかし当然市販薬の知識は必要です。またそれ以外にも日用品などの商品も把握しておかなければならないというのはあると思います。

薬剤師にとってOTCと調剤は別物です!

お客さんからしたら、薬剤師は薬のプロなんだから何でも知ってるでしょ?みたいな感じですが、実際はそうではありません。OTCのみで働いていた薬剤師が調剤を知らないように、調剤のみで働いていた薬剤師がOTC医薬品を知らないのは当たり前です。

そうです!薬剤師にとってOTCと調剤は完全に畑違いであり別物なのです。

そういう意味では調剤併設型のドラッグストアで働く方が、両方の知識を身につけることが出来ます。しかし両方こなすことに私は器用じゃないから不安という方もいますし、ひとつのことをじっくり身につけたい方もいますので、そこはあなたがやりたい方を希望すればよいでしょう。

ヒトシ
ドラッグストアで求人を探すときは、完全に別物だと思って探しましょうね。

薬剤師の転職サイトではOTCか調剤併設か選ぶことが出来る

薬剤師転職サイトはたくさんありますが、大体の主要サイトではOTCか調剤併設か選んで探すことが出来ます。例えばリクナビ薬剤師ですとこんな感じで探せます。

1229otc

薬キャリはこんな感じで。

1229otc2

マイナビ薬剤師はこんな感じ。

1229otc3

ファルマスタッフはこんな感じ。

1229otc4
ミキコ
このようにドラッグストアで求人を探すときに、みんなが利用しそうな転職サイトではOTCと調剤併設を選んで探すことが出来るので便利です。

薬剤師がOTCのみで働いた場合のキャリアを考える

薬剤師がドラッグストアで働くならOTCか調剤併設か?薬剤師ならOTCも調剤も両方できた方が良いに決まっていますので、調剤併設の方が良いと思います。

ヒトシ
しかし、もしあなたがOTCのみしか経験がない場合、調剤の仕事は出来ないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。実際にOTCしか経験がなくても調剤の仕事に就いた薬剤師はかなり多いです。OTCしか経験がなくても、調剤未経験でもOKの求人はたくさんあります。

現在薬剤師としてOTCしか経験がなくても全く問題はありません!

いつでも調剤の仕事に就くことが出来ますし、もし調剤が合わなければ、いつでもOTCに戻ってくることが出来るのです。

ミキコ
つまりあなたのキャリアは自分で選ぶことができるのです。

OTCと調剤は畑違いの仕事でもあり、やってみないと分からない部分もありますので、複数の転職サイトを利用してどんどんチャレンジして下さい!

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師