これからは薬剤師がどんどん在宅をやる時代!調剤薬局の求人編

高齢化社会の課題の一つに在宅医療があります。「最後は自宅で過ごしたい」そんな希望をするが増えており、薬剤師の立場で言えば、薬局の在宅訪問も増えています。もちろん終末期だけでなく、様々な病気などで自宅療養されている方の、薬の管理もしていかなくてはなりません。

これからの時代、ますます在宅は必要になってくることから、在宅のある薬剤師の求人探してみたいと思います。

ミキコ
今回は業界でもトップクラスの転職サイトである薬キャリで探してみましょう!

薬キャリで在宅のある薬剤師の求人を探してみた

まず東京都港区にある調剤薬局の薬剤師の求人です。経験者の方は年収600万円以上も狙える案件です。調剤のみの希望も出せますし、調剤と在宅も両方行うことができます。座ってお仕事もすることが出来ますし、18時迄で残業もありませんので、あなたへの負担も少ない職場のようですね。

ミキコ
高層タワー内にある薬局ですのでおしゃれな環境ですよ。
0309zaitaku

次に東京都目黒区にある調剤薬局の薬剤師の求人です。これからの時代に沿うように、在宅を専門に扱っており、未経験でも在宅を一から学ぶことができます。在宅というと残業があるイメージですが、18時迄で残業もありませんので大丈夫ですよ。

ヒトシ
福利厚生しっかりしていますが、独立希望の方への支援制度もあります。
0309zaitaku2

次に大阪市にある調剤薬局の薬剤師の求人です。関西を中心に新規出店をして急成長中の企業になります。在宅医療も積極的に展開する予定で、様々な経験を積むことができる企業ですね。若い方から年配者の方も幅広く募集しています。

ヒトシ
年収700万円も狙える高額の求人ですね。
0309zaitaku3

最後にもうひとつ大阪市にある調剤薬局の薬剤師の求人です。施設在宅を積極的に取り組んでいる企業で、様々な経験を積むことができそうですね。年収600万円も検討可能で、年間休日120日以上ありますから、ゆとりのある働き方ができそうです。

ミキコ
転職エージェントにしっかりと相談しながら条件を決めていくと良いでしょう。
0309zaitaku4

薬キャリで在宅のある薬剤師の求人を探してみた感想

今回薬キャリの調剤薬局の求人で在宅がある職場は、全体の3割くらいかなと思います。在宅専門の店舗もありますし、これからますます増えていく事でしょう。

基本的に在宅があるからと言って、給料が上がる訳ではなさそうです。しかし薬剤師が外出すると、その分店舗に人員を配置しなくてはいけませんから、地域などによっては高給与で人員確保に努めているところもあるでしょう。

あとは複数の転職サイトを利用しながら、良い条件の案件があれば紹介してもらう形をとっていくと、スムーズに転職が出来ると思います。

ミキコ
患者さんのニーズに合わせて、薬剤師の変化していかなければならないのかもしれませんね。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師