薬剤師も英会話スキルが必須!?調剤薬局の求人を見てみる

英語を話せると10億人と話せる

そんなキャッチフレーズのCMがありましたが、薬剤師の場合でも英語が必要な職場もあります。外国人観光客や外国人のビジネスマンが多い地域の薬局などは、英会話ができる薬剤師の募集をしています。

もちろん、英語がペラペラであれば、それに越したことはありませんが、薬剤師の資格を持っているうえ、英語もペラペラな人はそういませんので、企業側が英会話スキル向上を補助したりしている所も多いようです。

そこで、英語を必要としている職場はどのようなところか薬剤師の求人を見てみたいと思いますが、今回は調剤薬局に絞って見てみたいと思います。

ミキコ
薬剤師という国家資格がありながら、英会話スキルもあれば、鬼に金棒ですね!

薬キャリで英会話を使用する薬剤師の求人を見てみよう!

まず初めに東京都中央区にある調剤薬局の求人です。こちらの職場では英会話スキルがある人が募集条件になっており、頻繁に外国人の患者の方が来る薬局のようです。英会話が出来て、外国人の方とたくさんコミュニケーションを取りたい方に良さそうですね。

調剤業務だけでなく、アロマや化粧品も取り扱っており、若い女性にオススメの求人となっています。

ミキコ
英会話スキルが必須だと、ちょっとハードルの高い求人ですね。
0211eng

次に東京都江戸川区にある調剤薬局の求人です。こちらは英会話スキルが必須ではありませんが、外国人の方が多く訪れますので、チャレンジしてみたい方におすすめですね。まったく英語が出来ないとしても、大丈夫なようです。

ヒトシ
今は話せないけど、英会話出来るようになりたい!そうゆう人向けですね。
0211eng2

次に兵庫県尼崎市にある調剤薬局の求人です。こちらは英会話スキルが必須という訳ではありませんが、全国展開している調剤薬局ですので、配属先によっては、英語が必要になってくる職場もあると思います。

そこで英会話や資格取得補助制度もありますので、会社のバックアップのもと英会話スキルを身につける環境があります。

ミキコ
これから英会話を学んでいこうと思っている人に良いですね。
0211eng3

最後に静岡県浜松市にある調剤薬局の求人です。こちらの薬局では患者さんの8割が外国人で通訳がいるそうです。なので英会話は全く出来なくても大丈夫ですが、通訳さんがいる職場で働くなんて、他では経験することができない貴重な経験になりそうです。

ヒトシ
薬剤師に必要な英会話が、通訳の話を聞いて自然と身についていくのでは!?
0211eng4

英会話を学べる調剤薬局は少ないので、複数の転職サイトで情報を集めていこう!

調剤薬局の薬剤師求人を全体的に見てみると、英会話スキルが必須の職場はほとんどありません。たとえ英語が出来るからと言って、給与面で大きく優遇されている求人はあまり見かけませんでした。むしろ今は英会話が苦手でも、仕事や学習を通して身につけていけば良いというスタイルの職場が多いように感じました。

グローバル展開している製薬会社などでは、高年収でもあり、ビジネスレベルの英会話を求められますが、調剤薬局では、そこまで求めていることもないようです。

もしあなたが「英語を話したい、話せるようになりたい!」と思って、英語を身につけていけるようなところで働きたいのであれば、いくつかの転職サイトで情報を集めていくと良いと思います。

ミキコ
2020年には東京オリンピックもありますし、今から準備していきましょうかね♪

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師