薬剤師なら求人を活用して福島の復興につなげよう!

福島県には3288人の薬剤師がいますが(平成24年厚生労働省調べ)東北地域で二番目に薬剤師が多いことを表しています。しかし、実際は薬剤師不足の地域でもあるのです。大きな理由は東日本大震災でほかの地方などに薬剤師が流れてしまった影響が大きいといえます。

まだまだ復興は成し遂げられていませんが、この記事を見たことをきっかけに改めて福島県の薬剤師事情を考えてみるのも良いと思います。そして、福島県の復興に薬剤師として貢献するのも素晴らしい選択だと言えるでしょう。募集している企業や病院などもできるだけ待遇を良くして迎えようと頑張っているようです。

それでは一緒に福島県の薬剤師の求人を見てみましょう。

福島県の薬剤師の求人を検索してみた

はじめに福島県福島市にある調剤薬局の求人です。年収550万円~750万円なので頑張り次第では高収入が見込めますね。年間休日が120日もあるのでワークバランスを大切にしているので長く働ける職場といえるでしょう。

そして、サポート体制が充実しているので、未経験やブランクがある方も含めて幅広く募集しています。ちなみに、マイカー通勤ができるので好きな音楽を聴きながら自分のリラックスした環境で通えるのも良いですね。様々な条件にこだわる方にもお勧めできる好条件の求人と言えるでしょう。

1228fukushima1

次に福島県いわき市にあるドラッグストアの薬剤師求人です。パートは時給2300円~2500円とまずまずで、正社員は年収900万円も可能な高収入な案件です。アメリカの店舗視察や各種セミナーが充実しているのでスキルアップもできるので将来を見据えて働くことができますね!借り上げ社宅制度と引っ越し費用負担があるから遠方からでも安心して転職できます。

また、地域密着型なので都心部には無い働きやすい環境だと思います。こちらは出稼ぎ薬剤師にとっては、魅力溢れる求人だと思います。

1228fukushima

次に福島県喜多方市にある病院薬剤師の求人です。週休二日で当直無し、残業もほとんどないのに年収500万円~700万円という好条件の求人です。内容は複数科目なので経験と実績を積むことができるので心強いですね!もちろん未経験でも応募できますから、一から学んでいける環境が整っています。

産前産後休暇などもしっかり整っているので女性の方でも心配いりません。住宅手当も付くので家計にもゆとりがでてきますから長い目でみるとありがたい待遇だと思います。働く女性を応援し未経験もOKで住宅手当もありとオールマイティーな求人ですね。

1228fukushima3

最後に福島県西白河郡にある企業の薬剤師の求人です。土日休み年間休日120日で年収350万円から450万円で高くはないですが、その分未経験者や経験に不安がある方にサポート体制が万全なので安心して飛び込める職場だと言えるでしょう!実力をしっかり付けられるので自信につながっていくと思います。

また、休みが多いのでプライベートを大切にできるから無理なくスキルアップできますね。駅から徒歩5分と言う立地も考えると、収入よりも自分の時間を重視して経験と実績を付けたい方にはぴったりな条件だと言えるでしょう。

1228fukushima4

福島県の薬剤師求人を探してみてどうでしたか?

薬剤師が福島県で働くことは少なからず復興支援につながるとは言え、やはり待遇も気になるのが当然ですが、収入で言えば年収900万円も狙える高収入案件もありました。それだけではなく、引っ越し費用や借り上げ社宅制度もあるので、お金のことを気にせずに初めの一歩を踏み出せるような案件が多かったです。複数の転職サイトを利用すればさらに見つけることが出来そうですね。

また初心者をあたかかく迎えてくれる職場が多く、しっかりと休める求人も数多くありましたので、自分の実力や経験に自信が無い方でも思い切ってスタートを切れますね。

福島県で薬剤師として少しでも復興の力になりたい!

福島県に住んでいる方や福島県出身の方はもちろん、他県に住んでいる方も、そんなあなたの背中を押してくれるような求人が数多くあります。

福島県は素晴らしい観光地に恵まれているのをご存じですか?

例えば、大内宿は、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような日本らしい茅葺屋根の建物や風景が広がっています。五色沼は神秘的な色彩を放ちその美しさに見惚れてしまうことでしょう。ほかにもここでは取り上げられないほど、このように素晴らしい環境が福島県にはあるのです。

福島県の人々を癒しにいったはずが、気が付けばあなたが癒されていた。なんてこともありそうですね!

薬剤師として福島県の人々に何ができるのか、色々考えたことでしょう。私もこれを機に改めて福島県に向き合う気持ちになりました。そして、それぞれの特技や資格などを活かしてこれからも腰を据えて支えていくことが大切なことだと感じました。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師