そうだ!京都で働こう。薬剤師の求人

平成24年の厚生労働省の調査によると、京都府は全国で13番目に薬剤師が多い地域です。京都府にいる薬剤師の約68%が京都市に集中しています。

県庁所在地にここまで薬剤師が集中するのは珍しいので、京都にはどのような薬剤師の求人があるのか興味があるところです。

 京都の薬剤師の求人の条件は東京と変わらず

京都市の調剤薬局の求人です。年収は400万円~750万円と幅がありますが、休みも多く仕事と家庭が両立できるように女性への配慮もありそうです。この他の京都市の調剤薬局の求人は年収400万円~600万円くらいが多かったです。

kyou8251

京都市の調剤併設ドラッグストアの求人です。パッと見て一番良い条件のものを探してきました。まだまだあるかもしれません。年収は650万円~750万円と高めです。600店舗以上展開している大手のドラッグストアなので、安定して働けそうですね。

kyou8252

全体的な印象としては、給料で見ると東京とあまり変わらないかなというのが率直な感想です。同じ調剤薬局やドラッグストアでも、条件に高低差があるような感じではなく、京都市は全体的に薬剤師の相場が決まっていて落ち着いているなというのが印象です。

京都の海側の薬剤師求人も見てみよう

舞鶴市にある調剤薬局の薬剤師求人です。年収480万円~600万円と給与面は京都市の相場と同じですね。認定薬剤師取得支援制度もあり、スキルアップしやすい環境ですね。また育児休暇などもあり、働く女性薬剤師への配慮もあります。

kyou8253

京都市以外の求人の数はやはり少ないですね。少ないからと言って好条件の薬剤師求人がある訳でもなく、給料面ではほとんど同じです。ただ公開されている求人のみの話ですので、非公開求人ならまだ色々あると思います。

京都の薬剤師求人を探してみた感想

正直に言いますと「お、これは!」みたいな求人を探すことは出来ませんでした。まぁ、軽く見てみただけですので、たまたまかもしれませんが。

先ほども述べたように、調剤薬局やドラッグストアに関しては、平均的に同じような条件の薬剤師の求人が多かったですね。給与面で差がない分、休日や環境などが決め手となってきそうです。

そういった意味では、非公開求人も欠かせないなと。薬剤師の公開求人が同じようなら違いをもたらしてくれるのが非公開求人ですので、転職エージェントの登録はしておいた方がいいですね。

また、少し時間を空けて京都の薬剤師の求人を調べてみようと思います。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師