南の島で働きたい薬剤師のあなた!募集は離島でもしっかりありますよ。

薬剤師という職業は全国どこでも必要とされる職業でもあります。当然離島にも薬剤師は必要な訳ですから需要はあります。

都会よりもリゾート地が好きで、あえて離島で働く薬剤師がいる話をよく耳にしますが、実際に離島での薬剤師の求人はどのようなものでしょうか。もしあなたが南の島でのんびりと薬剤師をしたいと思っているのであれば、ちょっと見てみて下さい。

それでは離島の薬剤師の求人を探してみましょう。

薬キャリで離島の薬剤師求人を見てみた

まずは世界で一番きれいな海がある沖縄県宮古島の調剤薬局の求人です。年収は500万円まで可能なようです。日曜祝日がお休みですが、水木土のうち2日間は午後がお休みになります。

離島の調剤薬局と言えども、電子薬歴、薬袋自動発行システム、自動分包機は普通にありますので安心して働くこともできます。

宮古島の求人は人気があるので、南の島に移住したい薬剤師の候補のひとつになるでしょう。

1211ritou

次に奄美群島である鹿児島県大島郡にある調剤薬局の求人です。年収500万円~800万円と高額年収も狙えます。未経験でも年収500万円スタートですので収入UPが期待できそうですね。

遠方からの方も賃貸物件の家賃半額の住宅補助制度があります。また在宅医療もありますので、経験を積みつつ島の人達とコミュニケーションも取れますね。

島名が公表されていませんので、鹿児島県のどこの離島か分かりませんが、徳之島や奄美大島であれば素晴らしい海の囲まれたリゾート地ですね。

1211ritou2

もうひとつ宮古島から病院薬剤師の求人です。島の地域医療に貢献することができますね。年収は550万円までですが、社宅や寮があり引越支援もありますので、負担は少ないですね。

扱う処方箋も様々ですので、スキルアップにもつながるでしょう。

透明度抜群の宮古島の海に囲まれて、地域医療に貢献できるのはやりがいのある仕事になりそうです。

1211ritou3

最後に東京都大田区にある調剤薬局の求人です。ん?大田区って思った方もいるかもしれませんが、こちらは離島に姉妹店があるようなので、希望があればちょっとした出向をすることが出来ます。

東京を離れる勇気はないけど、ちょっと離島で働くことを経験したい!そんなあなたにピッタリです。東京で働きつつ慣れてきたら、気分転換に期間限定で出向するのも良いですね。

1211ritou4

離島の薬剤師の求人を探してみた感想

離島は薬剤師が不足しているので高額求人がたくさんあるのでは?なんて思っていましたが、実際はそこまで高額ではなく、年収1000万円も狙える超高額な案件はありませんでした。

おそらく離島で働きたい薬剤師の方はある程度いるのでしょうね。今回はあえて南の島に焦点を当ててみましたが、南以外の離島の薬剤師の求人もあります。

あなたが興味のある島については非公開求人含めて複数の転職エージェントに相談してみて下さい。

 

リアルにおすすめ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師